FM高知 番組「Like Life Stories」第5回放送 注目商品 / 濱文様 てぬぐい

pickup_hamamon_big1

江戸時代や、明治時代には、生活必需品だった「てぬぐい」。現代の生活の中で、その価値が徐々に見直されつつあります。
今回は「てぬぐい」の中でも、捺染(なっせん)という横浜伝統の型染め手法で染め上げ、色鮮やかな発色と多彩な柄が特徴の、「濱文様(はまもんよう)のてぬぐい」をご紹介します。

「濱文様のてぬぐい」は、型を使って布に染料を染めてゆきます。染料は繊維の種類や図柄の色調によって調合し、配合によっても色の深み・風合いに差が出ます。また、その日の温度・湿度なども微妙に影響があり、何版もの図案をにじませず、均一に摺るのは職人ならではの技です。糸の繊維に染料を固定させ、綺麗に発色させるために高温の蒸気で反物を蒸し、染め段階で使った糊を落とし、独自の風合いを出すために細かな時間調整をしながら高温で洗います。これらの工程を根気よく経ることで、色落ちが少なく実際に使える「てぬぐい」が出来上がります。「てぬぐい」の生地もこだわられていて、「濱文様のてぬぐい」のための専用の生地が使われているそうです。

この「てぬぐい」の生地は、「濱文様のてぬぐい」のために織り上げてもらった「若葉」を使用していて、糸から織りまで国産にこだわり、生地本来が持つ特性を生かした、環境にも優しいものです。「濱文様の捺染てぬぐい」は、手作業の工程を経ることで、布地の質感を損なわずに繊細な柄を鮮やかに表現することができ、受け継がれた伝統と職人の技から生まれています。これらのこだわりが「濱文様のてぬぐい」独特の風合いをうみだしています。

pickup_hamamon_big2

スタッフ川本オススメ!「濱文様 てぬぐい」

「てぬぐい」は、実はとっても便利なアイテムで汗や水を拭いたり、入浴のときに体を洗うだけでなく様々なシーンでお使い頂けます。最近では、POPな柄や可愛らしいデザインが増えてきていますので、ラッピングに使うと、とてもおしゃれでかわいいですよ。贈られた方もハンカチやタオルとしても長く使えますし、印象にも残る贈り物になるのでオススメです。
他にも、お部屋のインテリアとして、四季折々の柄を季節ごとに額縁に入れて飾って楽しめます。簡単に折るだけで、ティッシュカバーやブックカバー、ペットボトルホルダーにもできますので、1枚もっておくだけで色々楽しめます。

更にオリジナリティーを出したい方にオススメなのが刺繍です。世界に1つだけのオリジナル「てぬぐい」になりますよ。
ライク・ライフでは、「てぬぐい」にお名前・日付・メッセージなどを刺繍するサービスも行っています。料金は、5文字まで324円、6~10文字で540円、11~15文字で756円です。出産祝い、誕生日、結婚記念日のお祝いなどに是非ご利用ください。混んでいなければ約30分程度でお渡し可能です。尚、当日のお渡しは、通常17:00まで受け付けておりますのでお気軽にお声がけください。

「シャカシャカシェイク!バスソルトを作ろう!」ワークショップ開催!

ミネラルをたっぷり含んだ天然塩には、発汗作用や血行促進作用があります。
これに、ハーブやエッセンシャルオイルを加えて、オリジナルバスソルトを作ってみましょう。
とっても簡単なので小さいお子様にもおすすめです!

日時 / 2016年1月9日㈯・10日㈰・11日㈪・23日㈯・24日㈰ 各日11:00〜
定員 / 各日4名様・年齢制限なし(但し、小さなお子様は保護者の方と同伴でお願いします。)
予約 / 店頭・電話予約受付中
参加費 / お一人様500円
所要時間 / 20分程度

FM高知「LikeLife Stories」第2、第4火曜日午前8:42〜オンエア
番組をお聞きのがしの方は、下記よりぜひ視聴してみてくださいね。
第5回 2016年1月12日・26日(再放送) 「濱文様 てぬぐい」