FM高知 番組「Like Life Stories」第13回放送 注目商品 / 「ディズニー キディア」

news_pickup_160905_1

ディズニーが大好きな方も、そうでない方も、ミッキーマウスの名前を知らない方はいないのではないでしょうか?
世界初のディズニーランドがオープンしたのは1955年。以来60年以上たった今も、ディズニーは世界中で変わらぬ人気を誇っています。

今回は「ディズニー キディア」についてご紹介します。


news_pickup_160905_2

スタッフ畠中オススメ!
「ディズニー キディア」

「ディズニー キディア」とは、ディズニーのキャラクターを模した積み木です。

高さはキャラクターによって3cmから6cmまでと違いがありますが、厚みは子供が掴みやすく遊びやすい1.5cmに統一されています。
並べたり積み重ねたりする「積み木遊び」、想像力を膨らませる「ごっこ遊び」など、お子様の成長に合わせて遊び方を変えることができます。

商品名のキディアとは、日本語の「木(KI)」、英語で発想や考えるを意味する「IDEA」、同じく英語で子どもを意味する「KID」を合わせた造語で、子供の発想や考える力を育む木製玩具を意味しています。

ディズニーの多彩なキャラクターがとても魅力的で、現在ミッキーマウスやくまのプーさんを初め、32種類のキャラクターの積み木が発売されており、8月には映画「ファインディング・ドリー」からニモとドリー、「スティッチ」や「リトル・マーメイド」シリーズなど、8種類の新しいキャラクターも仲間入りしました。
今後も随時新しいキャラクターの発売が予定されています。

「ディズニー キディア」はすべて、環境・社会・経済面で国際的に合意された基準に従って管理されている森林から生産されたものにのみ付けられるFSCマークの木材で作られています。そんな木のぬくもりを感じることができるように、優しいカラーであえて木目を残した特殊印刷を施しています。
またキャラクターによって高さと幅を変えることで、キャラクターの世界観を活かしたサイズ感を表現しています。

お子さんが積み木として遊んだあと、お母さんがコレクションやインテリアとして飾って楽しみ、それをまた、お孫さんが出来たときに積み木として譲ってあげるなど、世代を超えて楽しめるのも「ディズニー キディア」の魅力だと思います。

出産祝いなどの贈り物としても喜ばれ、中でも、赤ちゃん向けになじみの深いくまのプーさんなどが人気です。
他にも映画で一躍有名になった「アナと雪の女王」のアナ、エルサ、オラフも本来のキャラクター感を壊すことなく、かわいらしいキディア仕様の仕上がりになっていて、女の子へのプレゼントにピッタリですよ。

「ライク・ライフ」1階ママロコには、「ディズニー キディア」の単品キャラクター積み木の他にも、優しい色合いのブロック35個とミッキー、ミニーの積み木がセットになった「キディア&ブロック」や、プーさんとその仲間たちをバランスよく積み上げていくバランスゲーム「くまのプーさんとなかまたち」など、贈り物にピッタリなセットもあります。

ぜひ、お気に入りのキャラクターを、あなたの生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

FM高知「LikeLife Stories」第2、第4火曜日午前8:42〜オンエア
番組をお聞きのがしの方は、下記よりぜひ視聴してみてくださいね。
第13回 2016年9月13日・27日(再放送)「ディズニー キディア」